テレビで見た英会話の常識 スカイプ 英会話 ランキング

テレビで見た英会話の常識

先日、金スマ(2013/2/7)の番組で英会話の特集をやっていました。

 

2020年の東京オリンピックでの五輪招致最終プレゼンで世界に

 

アピールする日本人プレゼンターの英会話の話題から始まり

 

最近の英語関連の情報として、書店などの店頭に陳列されている

 

英会話勉強法関連の本や日本全国の英会話スクールが

 

現在数千件を超えて大人気、またインターネットを使った

 

スカイプ英会話スクールや英会話を学べるスマフォアプリ、

 

大手企業での英会話を社内の公用語にするなど

 

社員の英語力を徹底的に強化している話、

 

さらに文部科学省では現在の英語教育の開始を小学5年生から3年生に

 

引き下げることを発表した話題を紹介していました。

 

2020年の東京オリンピックでは、外国人が多く来日することが予想されていて

 

現在の日本は英語熱が高まっているとのことでした。

 

レッスンとしての一部でタクシーの乗り方として実際ゲストのメンバーが

 

英会話でレッスンしていました。

 

ネィテブな外国人3人による英会話の審査(表現、発音)もありましたが、

 

あまり評価が良くありませんでした。

 

ある大物女優が英語をペラペラ喋っていて、思わず「スゲー!」なんて思いましたが、

 

典型的な日本語のカタカナ英語の発音に

 

マイナスされていました。俗にいうジャパニーズ・イングリッシュというものですね。

 

わたし日本人が英語を中学で学んで、実際海外旅行などに行って間違いやすい英会話は

 

使い方を間違えるとまったく意味が違ったことにもなり、大きな誤解を招くことにもなるので

 

注意が必要です。

 

トップページ